tmsでうつ病とサヨナラできる|うつ病が改善できる治療法

メディカル

薬に変わる新しい治療方法

相談

アメリカでは認可済みの治療法

tmsとはTrancranial Magnetic Stimulationの略称であり、日本語訳をすると経頭蓋磁気刺激法と言われている新しいうつ病の治療方法です。tmsによる治療方法は近年ではテレビなどによって報道される事で日本国内でも注目を集めています。慢性的なうつ病は長引く治療期間を必要とする場合もあります。こうした長引く治療期間が必要となるうつ病の症状改善のために、tmsによる治療方法は効果があるとされています。特徴としては、薬物療法とは違って副作用の発生率が低く、通勤の際にもtmsを活用した治療を継続的に行う事ができます。tmsでの治療は1〜2週間程度の期間の間にまずうつ病の診療が行われます。実際に専門の医療機器を活用して改善を試みるため、1ヶ月以上治療が行われる事によって治療改善を行います。医療機器を活用した治療方法では、専門の機器を頭部にあてて脳の中枢機関である大脳辺縁系に磁場を直接的にを与えます。機器から出される磁場は「パルス磁場」と呼ばれるうつ病治療のための専門の磁場を活用し、神経細胞に微弱な電流を流して状態を活性化させる事ができると言われている治療法です。現在の所ではまだ日本国内において認可されていない治療法でtmsを活用した治療には保険適用外の料金が発生します。しかし中長期的にうつ病の診療を受けていてもなかなか改善が見られない場合にはtmsを活用した治療方法が有効的であるとされており、実際に薬物療法で改善しない患者さんに治療を試みたところ6割の改善が見られたという臨床データもあります。

磁場を活用して改善

治療法としてはまず専門の医療機器を活用した治療以前に、患者さんの状態を確認する意味でもある「コンサルテーション」と呼ばれる診療期間が2週間程度あります。その後に状況に応じて医療機器を活用した磁場をあてる事で治療改善を行っていきます。医療機器から放出される磁場は専門のパルス磁場と呼ばれる特殊な磁場を活用して、脳の神経細胞活性化を試みる方法で行います。tmsによる医療機器を活用した治療方法は、主に薬物療法によって改善が見られなかった患者さんに効果があり、まだ日本国内ではうつ病改善のための比較的新しい治療方法であるため、詳しくは医師に相談をしてみましょう。また、一つの病院、1人の医師に相談して診断を確定するのではなく、必要に応じてセカンドオピニオンなどの制度を活用し他の医師の診断を仰ぐことも有効的です。医師によっては治療方法に対する意見が分かれる部分でもあると考える事ができるため、患者さんの判断において医師と相談の元有効的に活用できる事が望ましいと言えるでしょう。もちろん患者さんの病気の状態や健康状態、治療の改善しやすい健康状態かどうか、などといった詳細な条件によって治療費用は変化するため、参考程度にして考えておく事が大切です。国内では保険が活用できないため料金はかかりますが、しかし薬物療法でも改善が難しいうつ病の場合には、非常に有効的な治療法でもあるため、今後も徐々に研究や改善が期待されている治療法のひとつであると言えます。