tmsでうつ病とサヨナラできる|うつ病が改善できる治療法

メディカル

うつ治療に有効的な新治療

ナース

磁波を活用した新しい方法

うつ病の治療法に有効的な治療法が登場し、近年患者さんや医療関係者などから注目を集めている方法がありますが、それはtmsです。tmsと呼ばれている治療方法で、磁波を活用し新しい手法によってうつ病の改善を目標とする方法です。このtmsという治療方法はパルス磁場と呼ばれている特殊な磁場を前頭葉からあてて中脳に刺激を与えることでうつ病の治療を行う事ができます。パルスとは矩形波のことで、電子機器の電流オン・オフを交互に繰り返す交流電流波形の事です。この矩形波形状に動作している波形を、治療器独自の波形形態においてうつ病の患者さんの中脳に与えます。中脳の仕組みはまだ現代の科学においては解明されていない部分も多く、中脳はまだ謎の多い脳です。複雑な構造である脳のさらにその中核の部分でもあるため構造的に非常に複雑かつ周囲とは大脳皮質で覆われ保護されているため、無理もありません。現代の医学ではまだ直接着手できない部分が多々ある事から、うつ病の治療が難しいと言われている理由の一つでもあると言えるでしょう。うつはこの扁桃核や大脳辺縁系の部位と深く関連している病気でもあるため、現代の医学ではまだ直接着手できない部分でもある事から完全な治療が難しいとも言われている理由の一つでもあると言えるでしょう。扁桃核や大脳辺縁系は、人間の感情を作っている部分でもあると言われており脳の中でも非常に重要な部分です。もともと人間の脳は全て重要な部分でもあるのですが、しかしその重要な身体部位である脳のさらに重要な部分でもあり、身体の精密を極めている箇所でもあるためそれだけ解釈をするのが難しいのです。そうした中脳の部分へと直接的に磁波を活用してうつ病の改善を目論む事が、tmsでの治療における最終到達目標なのです。

脳の中脳に直接作用

tmsの治療方法としては、磁波を脳に当てて治療を行う治療法が行われていますが、保険による適用が認められていません。しかしアメリカでは最先端のうつ病の治療機器として公的機関から認可されています。一般的には現在までにうつ病の治療が長く続いており、10年以上精神科において治療を続けていても改善されていないとゆう場合において有効的な治療方法であると言われています。うつ病の治療は薬を活用した薬物療法と精神療法とに別れています。しかしいずれの方法も全ての人に確実な効果があるわけではなく、またうつ病の原因となっている部位として考えられている中脳の構造体の仕組みが多くはまだ未解明な点も多いため、実際には専門家でも厳密に詳細なプロセスまではわからない場合も少なくはないのです。しかし上記の磁波を活用した治療方法では磁波を活用した治療であるため副作用がほとんど無く、普通通り生活をしながら治療を続けることができるというのは大きなメリットと言えるでしょう。保険適用外の治療方法であるため1ヶ月半程度の治療期間で多くの治療費用がかかる場合もあるといわれています。しかしその程度の期間で治療し、改善できる見込みもあるのであれば将来的に希望を持つことができる治療とも言えるでしょう。Tmsは今後も改善が期待されている先進的な治療方法でもあるため、これからの動向にも目が離せないうつ病治療方法とも言えます。