tmsでうつ病とサヨナラできる|うつ病が改善できる治療法

女医

うつ治療に有効的な新治療

ナース

tmsは先進的なうつ病の治療方法として近年注目を集めています。日本では医療機器として公的機関よりまだ認可が下りていませんが、アメリカでは公的機関の認可を受けている事から安心して活用する事ができます。今後も改善が見込まれている治療方法でもあるため将来的にも期待が持たれている治療法です。

詳しく読む

新しい時代のうつ治療法

メンズ

tmsとは磁気の力で副作用の心配なくうつ症状を改善する画期的な治療法ですが、導入している病院が少ない、保険適用外になるなど注意しなければならない点もあります。今後はtmsの普及が進み、もっと有効に活用されるようになるのではないでしょうか。そして難治性のうつ病の治療も確実にできるようになるでしょう。

詳しく読む

うつ病に対する新しい治療

顔を押さえる男性

磁気を活用した治療方法

tmsはうつ磁気刺激治療と呼ばれており、うつ病の治療方法としてはまだ新しい治療方法のひとつです。tmsは磁気を発する専門の医療機器に人間の脳を治療させる事によって、うつ病の改善を促す治療方法です。長年うつ病の治療を行っていてもなかなか改善しないという患者さんも少なくありませんが、こうした慢性的なうつ病の改善に有効的であるとされている治療方法として近年注目を集めています。tmsはまだ日本では医療機器として認可されていない最新の治療方法です。アメリカではFDA(日本における厚生労働省にあたるとされている公的機関)から医療機器として認可を受けており、日本では保険非適応にて活用する事ができる治療方法です。医師によってもtmsを活用した治療方法については見解が分かれているのが現状であり、治療を受ける際には現在治療を受けている担当医にtmsについて相談してみるか、あるいはセカンドオピニオンによって複数の医師に相談することで治療を受ける事が可能な場合もあります。いずれにしても最新の医療機器と治療法を活用した治療である、料金は一般的な薬物療法やカウンセリングなどと比較をすると高額で、なおかつ改善の保証がある訳でもありません。しかし副作用の無いうつ病の治療法として近年ではマスコミによる取材などによって話題が高まっており、治療が難しいうつ病に対する有効的な治療方法として期待が集まっています。tmsは精神的な治療ではなく、磁気エネルギーを活用して脳に物理的な刺激を与えることで神経伝達物質の量を調整する治療法です。こうした注目を集めている新しい治療方法であり、慢性的な病状改善のために有効的な方法であると言えるでしょう。

従来にない治療法で改善

慢性的なうつ病は治療が長引きやすい難しい病気です。うつ病は単に精神的なものが原因となっているだけではなく、脳の神経構造の異常から様々な不調が引き起こされてしまう病気であるとの見解が近年は主流になってきています。こうした中でうつ病の治療を受け続けて10年になるという人も少なくなく、近年では精神面のみの治療には限界があるのではないかとも考えられるようになってきました。慢性的なうつ病を発症していると脳の中枢組織である大脳辺縁系の神経組織が壊れてしまっている場合もあり、場合によってはアルツハイマーのように脳の中心組織が欠損してしまっている場合もあるのです。脳の組織を再度復活させる方法は、現代の医学ではまだ完全に解明されていません。アルツハイマーが発症した際には有効的な治療方法が見つかっていない分野であるため、治療が困難になってしまいます。こうした状況を防ぐために、慢性的なうつ病で悩んでいる場合にはtmsによる治療方法を活用してみるのが有効的です。日本国内では保険適用外の治療方法であるため、一般的な治療方法と比較すると高額な治療方法です。1ヶ月半の治療期間によるtmsの治療によって治療費は100万円程度かかるとも言われています。tmsでは専門の医療機器を活用して治療を行います。この医療機器は磁力を発生させる装置が搭載されており、うつ病の患者さんの脳の部分に磁力発生装置を近づける事で脳の中枢組織の神経に刺激を発生させます。磁力による刺激であるため副作用は無く、安全に活用する事ができるとされています。仕事を続けながら活用する事もできるため、通勤の合間に治療を受けることも可能となっています。

薬に変わる新しい治療方法

相談

tmsはパルス磁場と呼ばれている特殊な磁場を医療機器において作りだし、うつ病の患者さんの脳に直接的に影響を与える事でうつ病改善に役立てる事ができる新しい治療方法です。現在日本ではまだ保険適用外の治療方法となっていますが、今後さらに有効的で活用しやすい治療方法として期待されています。

詳しく読む